糖尿病と歯周病の関係|武蔵小杉駅前の歯医者、パークシティ歯科

お問い合わせ:044-431-1182
   
                 

糖尿病と歯周病の関係|武蔵小杉の歯医者、パークシティ歯科

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病の関係


お口の病気である歯周病。その歯周病と全身の病気である糖尿病との相関関係が長年の調査結果によりはっきりしてきました。
糖尿病の人は歯周病にかかりやすいことや、歯周病を罹患している人は糖尿病予備軍の人が多いことなど、2つの病気の関係をみていきましょう。

インスリンを打っている写真

■糖尿病とは

食事で摂取したり体内で分解されたりした糖分は、インスリンというホルモンを介して、肝臓や筋肉などに吸収されてエネルギー源になります。
糖尿病とは、このインスリンの働きが悪くなったり分泌されなくなったりして、必要な糖分が吸収されず、血液の中の糖分が高まっていってしまう病気です。
初期症状があまりないので気付くことが遅くなりがちですが、高血糖の状態が続くと、心臓や腎臓に負担がかかったり、失明したりするなどの合併症を引き起こします。

歯周病とは

歯周病とは、細菌に感染することによって歯を支えている歯茎に炎症が起こっていることをいいます。症状は、歯茎が腫れたり出血したりするようになり、最終的には歯を支えることができなくなり、歯を失ってしまう病気です。

歯周病と糖尿病の関係

歯周病はお口だけではなく、全身に様々な影響を及ぼすとされています。
動脈硬化や心臓病との関係や、妊婦さんの場合は低体重児出産や早産などを引き起こすといわれています。
その中でも特に糖尿病との関係が深いとされています。
目や脚などに合併症がでやすい糖尿病ですが、歯周病は第6の合併症ともされ、密接な関係があります。 

【糖尿病が引き起こす歯周病への影響】

糖尿病は血統コントロールが不十分になり、血糖値が上がる病気です。体の中で高血糖状態がつづくと、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなります。
同様に、細菌感染である歯周病にかかる可能性が高くなります。また、歯周病に罹患するとインスリンの役割を低下させる歯周病菌の活動が活発になるので、歯周病の進行を早めたりします。 

【歯周病が引き起こす糖尿病への影響】

歯周病にかかることで歯茎に炎症が起こりますが、その炎症物質が血液中に流れこみ、インスリンの働きを妨げることがあります。
インスリンは血糖をコントロールしているホルモンで、このインスリンの働きが悪くなると、糖尿病が悪化してしまいます。 

【糖尿病の人は…】

・歯周病にかかりやすい
・かかった歯周病が進行しやすい
・歯周病が重症化している人は糖尿病にかかっていることが多い
 
これらの相互関係で、糖尿病の人は歯周病にかかりやすく進行しやすい、また、歯周病の悪化が糖尿病の悪化につながる、という悪のスパイラルに陥ってしまうのです。

■歯周病を治療することで血糖コントロールがよくなる?

上にあげたような悪いスパイラルを断ち切るためには、糖尿病と歯周病を両方の面からきちんと治療することが大切です。どちらかを治療しようとしても、片方にひっぱられて治療がなかなか進まないことがあるからです。
 
歯周病治療には、まず歯医者さんに行って適切な指導をうけることから始まります。歯周ポケットの深さによって通院の頻度や治療内容が変わってくるでしょう。正しいブラッシングを指導してもらい、毎日の歯磨きを効果的に行うことも大切です。
 
歯周病にかかると歯がグラグラしたり痛んだりして、食生活に偏りが出てくることもありますが、バランスのとれた食事をゆっくり噛むことで、血糖値の上昇を抑えることができます。また、適度な運動をすることで、血中の糖分が筋肉に取り込まれやすくなり、血糖値が下がってくることがわかっています。

糖尿病と歯周病の関係(まとめ)

糖尿病も歯周病も規則正しい生活と喫煙などをしないこと、ストレスをためないこと、なども大きな予防方法になります。
歯周病予防に歯科医院に定期的に予防検診に通い、糖尿病予防に生活習慣を改めるようにしましょう。

この記事を監修した歯科医
-この記事を監修した歯科医-

パークシティ歯科 院長 吉井 健介

プロフィールはこちら