当院でのインプラント治療|武蔵小杉駅前の歯医者、パークシティ歯科

お問い合わせ:044-431-1182
   
                 

当院でのインプラント治療|武蔵小杉駅前の歯医者、パークシティ歯科

当院でのインプラント治療

当院でのインプラント治療

Characteristic
当院のインプラントの特徴

歯科用CTの導入

歯科用CTとは、X線による断層撮影とそれをコンピューター処理する装置です。顔の周囲から方向や位置を変えながらX線を照射して撮影します。撮影したデータにコンピューター処理をして、3次元の立体画像や断面図にします。
従来のパノラマ撮影では平面画像しか見ることができません。このため得られる情報には限りがあります。
歯科用CTでは神経や血管の位置や骨の厚みなど、立体での精密な情報がわかります。
インプラント治療では、顎の骨に穴を開ける外科手術を行うため、顎の骨の状態や神経・血管の走行位置、骨密度などを知ることはとても大切です。
歯科用CTを使用してこれらを精密に診断することで、事前にインプラントを埋め込む位置を決めることができ、手術の安全性が高まります。また、手術時間の短縮や術後の痛み・腫れの軽減につながり、より確実な治療を行うことができます。

歯科用CTの写真

ストローマン社製『CARES®』を使用

ストローマン社製『CARES®』を使用

CARES®は、ストローマン社製のインプラントに正確に適合するよう設計された、ストローマン社純正製品です。
インプラントのアバットメントや、修復物など優れた品質の製品です。

CARES®の写真
アバットメントにストローマン社純正製品を表す”S”のマーク
ストローマン社純正製品
ストローマン社純正製品
1.アバットメント最下端部が深くインプラントに入り込み、深い位置によって効果的な動揺防止効果を発揮しています。
2.インプラントとアバットメント内壁が非常に良い適合を示しています。
他社製品
他社製品
1.アバットメント最下端部がインプラント最深部まで到達しておらず、動揺防止効果に劣るほか、インプラント内壁に高いストレスを与えやすくなります。
2.インプラントとアバットメント内壁が適合しておらず、点接触になっています。
厳正な品質チェック
厳正な品質チェックをクリアしたもののみを使用しています

コンピュータシミュレーション・サージカルガイド

CT画像より作成する3D画像をもとに、専用のソフトを使用してインプラント術前シミュレーションを行い、治療計画を立てます。
この治療計画データより、光造型によるサージカルガイド作成します。
サージカルガイドとは、インプラントを正しい角度・位置に埋入するための目印となる金属製の筒のことをいいます。オペの際に口腔内に固定して使用します。
サージカルガイドは、治療計画通りの安心で確実なオペの実現を支援するツールです。

コンピュータシミュレーションの写真
コンピュータシミュレーション
サージカルガイドの写真
サージカルガイド

無菌体制での治療

インプラントの成功には、衛生環境は欠かせません。
当院のインプラント治療は個室診療室で行います。
インプラントに使用する器具は、インプラント基本セットとしてまとめて滅菌し、専用の滅菌ケースに入れて手術直前まで保管します。
また、オペ時に着用するオペ着をはじめ、帽子やグローブ、マスク、手術器具を置く台やその周辺に敷くシートに至るまで、滅菌された使い捨てのものを使用します。

オペ中の写真

麻酔科非常勤講師による静脈内鎮静法

当院では、大学で麻酔科の非常勤講師を務めるドクターが麻酔を担当します。

 
インプラント治療の際には、静脈内鎮静法を行います。
静脈内鎮静法とは、全身麻酔とは異なり、うたた寝をしているような、あるいは、ほろ酔い加減のような感覚で、不安や恐怖が取れ、とてもリラックスした状態で治療を受けることができる方法です。ストレスを感じることなく、ほとんどの場合痛みもなく、いつの間にか治療が終わっていたという感じがします。
静脈内鎮静法には

 1.気分が落ち着く
 2.痛みなどや治療中のことを覚えていない
 3.治療時間が短く感じられる

という利点があります。さらに、精神的な緊張が和らぐことで、血圧や心拍数も安定します。

▲クリックするとその項目まで移動します