パークシティ歯科ロゴマークパークシティ歯科ロゴマーク

歯の矯正治療|武蔵小杉駅前の歯医者、パークシティ歯科

お問い合わせ:044-431-1182
 
メール相談ページへメール相談ページへ
 
インターネット初診予約へインターネット初診予約へ
当医院についてページへ当医院についてページへ
  
クリニック紹介ページへクリニック紹介ページへ
  
院内・設備紹介ページへ院内・設備紹介ページへ
  
スタッフ紹介ページへスタッフ紹介ページへ
  
診療メニューページへ診療メニューページへ
  
治療費についてページへ治療費についてページへ
  
初診予約ページへ初診予約ページへ

歯の矯正治療

歯の矯正治療

HOME|歯の矯正治療

Orthodontics
歯列矯正とは

歯列矯正とは、口元、顔の形、歯並び、かみ合わせを良くし、自分の歯で一生かめるようにすることを目的とします。
矯正治療は本人の「治したい」という意志ご家族の協力が必要です。
※患者様が子児の場合、ご両親の協力は特に必要です。
 
矯正歯科の治療は、治療期間も長く、歯磨きや食事にも気を遣い、担当医の指示通り装置を取りつけたり、歯磨きをしなければ治療は予定通りに進みません。
患者様と担当医が協力して一緒に治していくものです。治療を始める前に費用や期間、装着について等わからないことは全て確認しておきましょう。

矯正歯科のメリット・デメリット

<メリット>

  • 口元などが美しくなる
  • 健康的なかみ合わせになれる
  • 歯の病気になりにくくなる
  • 体調がよくなる 唇が閉じやすくなる
  • 発音しやすくなる

<デメリット> 

  • 矯正装着が必要
  • 治療期間が長期になる
  • 歯磨き、食事に気を遣う

歯列矯正治療の必要があるケース

  • かみにくい、発音しにくいなど機能障害があるもの
  • 歯並びが悪いため、虫歯や歯周病になっているもの
  • 骨格的にかみ合わせがずれているもの
  • 歯やあごが原因で唇が閉じにくいもの
  • 審美的に問題があるもの

このほかに、いびき・歯ぎしり、舌足らずなしゃべり方が治ることもあります。
 
矯正治療の開始時期は、患者様それぞれに適切な時期があり、一概にこの時期とは決められません。
歯肉の健康な人なら、何歳になっても矯正をすることができますので、お気軽にご相談ください。 

Orthotic device
矯正装置の紹介

固定式の装置

固定するタイプの装置です。
リンガルアーチ(パラタルアーチ)、マルチブラケット、クワッドへリックスなどが代表的なものです。
右のイラストのように、歯に固定する金具が目立たないタイプのものもあります。

取り外し式の装置

取り外し可能なタイプの装置です。
床矯正装置、機能的顎矯正装置、ヘッドギアなどが代表的なものです。
右のイラストのように、マウスピース型のものもあります。

マウスピース型装置

矯正していることが分かりにくい
患者様の歯列に合わせて作製した透明のマウスピースを歯に装着して、最終的な歯並びまでのシミュレーションに沿って、定期的に交換して少しずつ歯を動かしていく治療法です。
歯に金属のワイヤー装置を付けないので、矯正していることが分かりにくく、矯正治療中だと周りに分かりません。
 

■マウスピース矯正装置のメリット

・矯正装置が目立たない

マウスピース矯正装置が薄くて透明なので目立ちません。目立つ矯正装置に抵抗がある方や、接客や営業など人前にたつお仕事の方にオススメです。

・普段通りの食事が楽しめる

マウスピース矯正装置は自分で取り外すことができるので、食事の際に外すことができます。

一般的な矯正治療中は、ワイヤーにひっかかったりするため食事に気を遣うことが多く、食べられないものなどもありますが、マウスピース矯正装置はそのようなことはありません。

また、食べにくさから、人との食事を躊躇うことも、一般的な矯正装置ならあるかもしれませんが、マウスピース矯正装置はデートや接待でも気にすることなく食事することができます。

・虫歯になりにくい

矯正治療中はワイヤーに食べ物が詰まりやすく、歯磨きも難しいので、虫歯になりやすくなります。

マウスピース矯正装置は自分で取り外すことができ、いつも通りの歯磨きができるので、虫歯リスクが低くなり、清潔に保つことができます。

また、ワイヤーによる傷や口内炎、スポーツ時の衝撃や転倒などのトラブルの心配もなく、スポーツを楽しむことができます。

Case
歯列矯正治療例

反対咬合(受け口・・・かみあわせが反対)の症例

Important point
矯正治療中の注意

痛み

個人差はありますが、矯正装置を入れると2、3日は歯が浮いたような感じになったり、痛みを感じる場合があります。それは歯が動いている証拠です。通常3日~1週間で治まります。それ以上痛みが続く場合などは担当医に相談してみましょう。 

歯磨き

矯正装置には食べ物のカスがたまりやすく、歯磨きをおこたると虫歯になります。
治療に入る前には歯磨きの指導を受けるので、その注意に従って毎食後しっかりと歯を磨きましょう。 

食事

矯正中は虫歯や歯周病にならないために、甘いものはなるべく控えます。かたい物や歯にくっつく物を食べると装置が壊れたり、変形する可能性もあるので避けましょう。

<避けたい食べ物>
せんべい、フランスパン、とうもろこし、アイスキャンディーや氷のかたまり、りんごの丸かじり、キャラメル・ガム
<注意が必要な食べ物>
アスパラガス、ほうれん草、キャベツの千切り、うどん、スパゲッティ、ラーメンなどの麺類 

Adult&Child Orthodontic dentistry
成人矯正と小児矯正

成人矯正とは

矯正治療はお子様や学生がしているもの、というイメージがありますが、いつから始めても大丈夫です。
成人してからの矯正治療もメリットがたくさんあります。

成人矯正のメリット

・虫歯、歯周病予防

歯を失う主な理由は虫歯と歯周病です。それらの原因は歯垢や歯石などの磨き残しなのですが、歯並びが悪いと磨き残しが多くなってしまいます。矯正をしてきれいな歯並びになると、歯垢や歯石が残りにくくなり予防になります。

・噛み合わせが正しくなる

歯並びが悪いと食事の際に、噛む癖がでてきて、歯によって負担に差がでてきます。噛みやすい歯でずっと噛むことによって、負担がかかり続け、歯が動揺しやすくなった結果、知覚過敏や歯周病につながります。

矯正治療をして噛み合わせが合うと、歯や顎関節へ負担が減り、顎の痛みなどもなくなることもあります。

・バランスがよくなる

噛み癖が影響すると体の左右のバランス崩れにつながり、頭痛や肩こり、腰痛などを引き起こすことがあります。

矯正して、噛み合わせが改善されると、正しい姿勢を取りやすくなったり、からだ全体のバランスも整うことがあります。

また、噛み合わせと自律神経はつながっているとされ、疲れやイライラが緩和される場合もあります。

小児矯正とは

お子様の矯正治療方法は、乳歯と永久歯の混合期があるため、大人とは治療方法や期間などが異なってきます。主に2つの時期に分けて、矯正治療をしていきます。

・第一期治療

乳歯や永久歯の生え変わりの時期に治療します。治療は簡単な装置を使ったり、顎の成長に合わせて歯列が並ぶようにしたり、口や唇の筋肉を鍛える治療です。

・第二期治療

永久歯が生えそろう頃に大人と同じような一般的な矯正治療をします。歯列を整えるだけではなく、噛み合わせもきちんと合わせて整えることを大切に治療します。

小児矯正のメリット

早くから矯正を始めることは、永久歯になってから行う矯正よりも、歯並びが整いやすい、などのメリットがあります

・顎の成長を正常に導く
・顔の筋肉トレーニングをすることで、鼻呼吸になる
・永久歯を抜く可能性が低くなる
・負担が少ない治療法を選択できる
・虫歯予防につながる
・言葉の発音が明瞭になる
・コンプレックスを感じない

小児矯正は、歯だけではなく顎や体が成長する力を利用しながら、バランスを考えた治療ができます。
お子様の歯並びで心配なところがある場合は、できるだけ早めにご相談にいらしてください。

044-431-1182
診療時間表
無料メール相談へ無料メール相談へ
 
インターネット初診予約へインターネット初診予約へ
虫歯治療ページへ虫歯治療ページへ
小児歯科ページへ小児歯科ページへ
根管治療ページへ根管治療ページへ
歯周病治療ページへ歯周病治療ページへ
予防歯科についてページへ予防歯科についてページへ
当院でのインプラント治療ページへ当院でのインプラント治療ページへ
歯の矯正治療ページへ歯の矯正治療ページへ
審美歯科ページへ審美歯科ページへ
ホワイトニングページへホワイトニングページへ
その他の口腔内トラブルページへその他の口腔内トラブルページへ
 
インプラント治療ページへインプラント治療ページへ
 
スタッフ紹介ページへスタッフ紹介ページへ
 
パークシティ歯科採用情報へパークシティ歯科採用情報へ