パークシティ歯科ロゴマークパークシティ歯科ロゴマーク

インプラント、入れ歯、ブリッジ。それぞれのメリット・デメリット|武蔵小杉駅前の歯医者、パークシティ歯科

お問い合わせ:044-431-1182
 
メール相談ページへメール相談ページへ
 
インターネット初診予約へインターネット初診予約へ
当医院についてページへ当医院についてページへ
  
クリニック紹介ページへクリニック紹介ページへ
  
院内・設備紹介ページへ院内・設備紹介ページへ
  
スタッフ紹介ページへスタッフ紹介ページへ
  
診療メニューページへ診療メニューページへ
  
治療費についてページへ治療費についてページへ
  
初診予約ページへ初診予約ページへ

インプラント、入れ歯、ブリッジ。それぞれのメリット・デメリット

インプラント、入れ歯、ブリッジ。それぞれのメリット・デメリット

HOME|インプラント、入れ歯、ブリッジ。それぞれのメリット・デメリット

歯を失ったときに選択する治療法として、インプラント、入れ歯、ブリッジなどがあります。
インプラント治療とは自費診療となり、外科手術をして人工のインプラント体を顎の骨に埋め入れます。保険が適用される治療法であるブリッジと入れ歯治療は、手術を伴わない治療です。
それぞれの大きな違いなど、特徴やメリット・デメリット、などを交えながら詳しく解説していきます。

天秤の写真

■インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療は、しっかりと顎の骨と結合することで、機能的にも天然歯に代わる役割を果たし、セラミックの被せ物を使用するので審美的にも優れています。
 
【メリット】

しっかりとした噛み合わせ

インプラント体と顎の骨が結合しているので、しっかりと支えることができ、噛み合わせがずれることはありません。
噛み合わせがしっかりすることで、まるで自分の歯で食事をしているような感覚で楽しむことができるようになります。
また、歪みができにくく顔や体全体のバランスを保つことが出来ます。体の歪みから生じる頭痛や肩こりなどの軽減にもつながります。

周りの健康な歯を傷つけない

インプラント治療はその失われた箇所だけで治療が完結するので、残った健康な歯を傷つけることなく、回復することができます。

見た目がよい

インプラント治療は、歯茎の中に埋め入れたインプラント体が見えることがないので、食事中や会話の途中で、金属が見えていないかどうかを気にすることはありません。
また、被せ物に透明感やツヤのあるセラミックの素材を使用することで、天然歯のような見た目になり、同時に色や歯並びも合わせることができるので、審美的に満足のいくものになります。

顎の骨が吸収されない

歯を失ってしまうと、歯茎や顎の骨はどんどん吸収されていきますが、インプラントを埋め入れると、力がしっかりと顎に伝わり骨がやせにくくなります。
骨がやせないと噛む力を受け止めることができ、歯茎がやせて口元がくぼんだりすることがなく、見た目も年を重ねた感じはなくなり、気持ちも前向きになることができます。

毎日の手入れがシンプル

インプラント治療すると定期検診は必要ですが、毎日のケアは自分の歯のような歯磨きのみです。


【デメリット】

費用が高額になりがち

治療部位や本数にもよりますが、自費診療なので費用が高額になりやすい傾向にあります。

手術を伴う治療

外科手術を伴うので、手術や痛み、麻酔などに恐怖心がある人は難しいでしょう。

治療期間が長期間にわたる

治療前の検査や手術、インプラント体と顎の骨の結合期間など、半年ほどの治療期間が必要になります。

定期検診が必要になる

インプラント周囲炎にならないために、定期的に歯科医院で検診を受ける必要があります。

■入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯は歯を失った時の治療法として一般的なものです。1~数本の歯を失った場合は部分入れ歯、全ての歯を失った場合は総入れ歯を作成します。
 
【メリット】

一般的な治療法

失った歯の役割を取り戻して食事をできるようにしたり、ある程度まで見た目を回復したりします。

治療費が比較的安価

保険診療が適用されるので、治療費を抑えることができます。

自費診療の入れ歯を選ぶこともできる

最近は自費診療で入れ歯治療を選択することもできます。個人に合わせて保険診療の手順を気にすることなく何回も作り直したり、高品質の材料を使用して装着感の優れた入れ歯を作ったりすることもできます。


【デメリット】

食事の楽しみが減る

保険診療で作成する総入れ歯の場合は、プラスチックで覆ってしまうので、食べ物の感触や温度などが伝わりにくくなってしまうこともあります。

ぐらつきや、痛さがでることも

噛む力が弱くなることで顎の骨がやせていき、次第に入れ歯が合わなくなることもあり、そのことが原因で外れやすくなったり、物が挟まって痛みを感じたりすることもあります。

金属のバネが見えることがある

保険適用の部分入れ歯の場合、隣の歯にかけている金属製のフックが見えてしまったり、プラスチック素材を使用しているので、不自然な見た目になったりすることがあります。

周りの歯への負担

フックがかかっている歯に負担がかかり、ぐらついたり弱くなったり、健康だった歯が傷ついてしまうことがあります。

日々の手入れが複雑

入れ歯を外しての洗浄や専用の洗浄剤などが必要です。

■ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジは失った歯の両隣の歯を削り土台にして、橋渡しするように新しい歯をかける治療法です。
 
【メリット】

違和感があまりない

自分の歯を土台にしているので、自分の歯で噛んでいるような感覚で、噛む力があまり弱くなることはありません。

保険が適用されるので費用が高額ではない

診察に保険適用されるので費用が抑えられます。被せ物にセラミックを使用しても他の治療法よりも安い場合があります。


【デメリット】

健康な歯を削る

橋渡しする土台を周りの歯でつくるため、健康な歯をかなり削ることになります。一度削ってしまった歯は弱くなりがちで、虫歯や歯周病などにかかりやすくなることもあります。

ブリッジできないケースがある

一番奥の奥歯や複数の歯を失ったときには、土台を作ることができずブリッジすることができません。また、土台となる歯が虫歯や歯周病などで削れなかったりするときも治療は難しいでしょう。

毎日のケアが必要

普段の歯ブラシに加えて、ブリッジ専用の歯ブラシを使用します。ブリッジは土台の歯が虫歯になってしまうと支えることができなくなるので、虫歯や歯周病などの病気にならないように毎日の丁寧なケアが大切です。

(まとめ)

それぞれの治療のメリットやデメリットを理解し、分からないことや不安に思ったことはカウンセリング時や診察時に歯科医師に質問するようにしましょう。
歯を失ったまま生活すると、噛み合わせなどの健康面だけではなく、しわや顔貌などの美容面においても悪影響があります。笑顔になれる治療法を選択して、素敵な生活を送れるようにしましょう!

044-431-1182
診療時間表
無料メール相談へ無料メール相談へ
 
インターネット初診予約へインターネット初診予約へ
虫歯治療ページへ虫歯治療ページへ
小児歯科ページへ小児歯科ページへ
根管治療ページへ根管治療ページへ
歯周病治療ページへ歯周病治療ページへ
予防歯科についてページへ予防歯科についてページへ
当院でのインプラント治療ページへ当院でのインプラント治療ページへ
歯の矯正治療ページへ歯の矯正治療ページへ
審美歯科ページへ審美歯科ページへ
ホワイトニングページへホワイトニングページへ
その他の口腔内トラブルページへその他の口腔内トラブルページへ
 
インプラント治療ページへインプラント治療ページへ
 
スタッフ紹介ページへスタッフ紹介ページへ
 
パークシティ歯科採用情報へパークシティ歯科採用情報へ